ヤガスリ


作詩の部屋
TOP


マネージャー っちゃん作詩の部屋       
PRESENTS・・・BY・・・勝田無一

・・・演歌っぽい詩・・・




風くらべ夢くらべ


 
  1.横顔つめたい 北風吹いた
    乾いた街角 涙の風と
    捨てない夢の 隙間風
    どちらが心を 寒くする
    風くらべ 夢くらべ


  2.世の中苦労が 楽より多い
    逆立つ前髪 勇気の風と
    甘い香りの 恋の風
    どちらが心を 躍らせる
    風くらべ 夢くらべ


  3.ハダカで生まれて ハダカで終わる
    一度の人生 追い風乗るか
    夢をさがせば 向かい風
    どちらが心を 強くする
    風くらべ 夢くらべ





男  道 (おとこみち)



    1  男往く道 風切る道は
        なぐる横風 向かい風
       往けるとこまで 往くのが男
       我慢 拳に 隠して握る
       風に・・風に夢見る 男道


    2  走りつづける 一本道に
       やっと開いた 桜花
       寒さこらえて 迎えた春に
       泣いて風切る 一番風が
       吹けば・・吹けば散る花 男道 


    3  登り下りの 山坂道は
       俺の苦労を 映す道
       やれば出来るさ ここまで来たさ 
       かけた情けに 手を引き引かれ
       耐えた・・耐えた男の 男道




夫婦マンボ
                  

 
1  (男) お前だけだよ やさしい女
    (女) うまい言葉に惚れたわ そして夫婦路
    (男) 苦労かけたね
    (女) 私ばかりに
    (男) 過ぎてしまえば夢の中
   (二人) マンボ マンボ 夫婦マンボ
         マンボ マンボ 夫婦マンボ

 
  2 (女) ゆだんしないで まだまだ女
    (男) こわい女に惚れたよ 歳をさかのぼる
    (女) 女盛りよ
    (男) 俺も男さ
    (女) 若い女がここにいる
   (二人) マンボ マンボ 夫婦マンボ
        マンボ マンボ 夫婦マンボ


  3 (男) 俺の心は お前一人さ
    (女) 女ごころをくすぐる 夢を見せたのね
    (男) ウソはつかない
    (女) それがウソなの
    (男) それはお前が怖いから
   (二人) マンボ マンボ 夫婦マンボ
         マンボ マンボ 夫婦マンボ


 



春が来る



     1.真っ赤な花も ひとときの春
      咲いて終われば 忘れ草
      きれいな花を 散らすのは
      また来る春に 咲かすため
      きっと来るさ いい日が来るさ
       涙がなけりゃ 笑いもないさ


    2.枯れ葉落ちなきゃ 新芽も出ない
      凍る木枯らし 春を呼ぶ
      ハラハラ枯れ葉 落ちるのは
      また来る季節 萌えるため
      いつか来るさ 幸せ来るさ
      悔しさなけりゃ 見えない情け


    3.降らない雨に 葉っぱ散らして
      渇く大地に しがみつく
      人に知られず 根を張って
      また来る春を 耐えて待つ
      きっと来るさ もうすぐ来るさ
      渇く心に 幸せ滲みる

      渇く心に また春が来る   




一杯居酒屋

(いっぱいのみや)



                                 
    1.北風木枯らし 縄のれん
      格子の向こうは 五坪の飲み屋
      青森女将が あしらう酒は
      冬を重ねた 辛い酒

      着慣れた和服 男の嘘の絞り染め
      酒の数だけ 男が酔って
      男の数だけ 恋いが死ぬ
      酔いどれて一杯 酔いしれて一杯

      
ヤガスリ
    2.矢飛白着崩れ 眼で叱る
      店の娘二十歳の 酒酌ぐ手許
      青森女将が 勧める酒は
      女重ねた 酷い酒
  
      引き詰め髪に 女の涙捲き込んで
      酒の数だけ 女が泣いた
      女の数だけ 愛が死ぬ
      酔い心地一杯 酔い醒めて一杯

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      裾の桜に 男の未練散りばめて
      酒の数だけ 男が酔って
      男の数だけ 闇が来る
      酔いどれて一杯 酔いしれて一杯





男の独り言
               

     
1.俺の心に 風が吹く
       せつない涙 心のすきま
       ちょっと心を のぞく振りして
       おまえを本当に 愛してた
       グラスの香りに うちあける
       それは男の・・男の独り言


     2.別れ怖くて ついた嘘
       静かに泣いた おまえを抱いた
       遅すぎたよな 言い訳しても
       おまえを悲しく させただけ
       想い出いまさら 愛しても
       それは男の・・男の独り言


     3.二人歩いた この街で
       面影だけの おまえと出会う
       今度愛する 女の名前は
       おまえと似てない 女がいい
       傷つけそうだよ 想い出す
       それは男の・・男の独り言






野州・・・風 の 街 道


 
    1 寒風の・・寒風の向こうに 明日見る俺の
       男育てた 日光おろし
       ひとり旅には 故郷の風が
       辛い旅路の 守り神
       今日も心に 野州の魂
       鬼面瓦に 渡る風


    2 白い・・白い山から 発破が響く
      心勇き立つ 石山砕き
      世間の風に 逆らう俺の
      心を洗う 出流の流れ
      流れ逆らう 真鯉の姿
      野州蔵街 うずま川


    3 今も・・今も変わらず 迎えてくれる
      桜化粧の 大平山が
      雲にとけこむ 道を目指した
      男来た道 なぞって帰る
      やっぱりいいぜ お前の風が
      風の街道 走る旋風





 TOP